忍者ブログ

Project-Pandora公式ブログ

Project-Pandoraの公式ブログ。引っ越してきました。

パンドラ童話集4 第2版 お知らせ

 

Project-Pandora第14期 リーディングシアター

 ―黄昏逝く世界のいずこか、主役になりたかった少年の半生を追うオムニバス


パンドラ童話集4 第2版
【主役になりたかった脇役】

 その孤児院にいた子の名は、ゼロス。
 史上最悪の魔女と呼ばれる女を母に持ち、
 優秀すぎる兄弟に囲まれて育った少年。

 しかしやがて…

 彼は孤児院を出て旅に出る。
 それは人生という名の旅だ。
 師匠や友人との出会い、別れ、恋愛、冒険-つまり物語。

 いくつもの物語を経た少年はいつしか青年になり、そして気が付く。

「そうか、全ては繋がってるんだ」

 積み重ねた1の向こうに、かつての少年は何を見出したのだろか?
 これは、主役になりたかった脇役がたどり着いた半生の物語。


†半生リスト(演目)†

【僕の師匠がバケモノ過ぎる件に関して】
 孤児院を後にした少年は、俗にいう冒険者となった。
 冒険者となった少年は、ある男の弟子になっていた。
 素手で岩を砕き、
 毒キノコを咀嚼し、
 炎の上で昼寝をし、
 町では警備兵が駆け寄り、
 ティータイムの後には読書を欠かさない。
 そんな師匠は、弟子である少年に様々なことを教えた。
 そして別れの日、師匠は弟子に最後の教えを授ける。

「さぁ、命の重さを知るといい」


【大図書館戦争】
 その日、青年になった少年がたどり着いたのは、ある図書館だった。
 名を、ミスカトニック大図書館。
 世界中から本を集めたその巨大な図書館に、今危機が迫っていた。
 世界最大宗教が、その影響力と信者をもって図書館に迫っていた。
 宗教にとっての悪書…図書館にとっての良書を抹消するために。

 たかが本のためにと、人がいう。
 図書館は答える。
 本はただの本にあらず。

 命よりも大事な物があるのかと、人は言う。
 図書館は答える。
 ない。故に我らは戦う。

 だから、彼はその手に武器を握った。
 命の重さを知っている彼は武器を取り、そして…図書館を埋め尽くさんばかりの敵と戦う。


【あなたへ、ないしはあなたたちへ】
 いくつもの物語を経て、青年は男性へとなった。
 そして彼がたどり着いたのは…

 昔から今へ、今から未来へ送るメッセージ。


・・・・・


〇日時
2018年
 5月18日(金) 13:30/19:00
 5月19日(土) 13:30/19:00
 5月20日(日) 12:00/17:00
 ・開場は開演の30分前
 ・上演時間110分(予定)
 ・終演後交流時間あり

〇上演時間
 110分(予定)
 終演後交流時間あり

〇場所
 エリア543
 東京都杉並区井草5-5-25 西ビルB1F
 上井草駅 徒歩2分

〇料金
 前売り …2600円
 予約・当日…2800円
・いずれも1ドリンク付き
・パンドラポイントカード対象の公演です
・ポイントがたまると景品をプレゼント&割引券になります

【割引】
 割引は併用が可能です
・リピーター割
 今公演を2回目以降ご覧の場合、1800円に割引
・初パンドラ割
 初めて『パンドラ』の公演をご覧になるお客様限定、200円割引
・18才以下割り
 18歳以下の方はいずれの回でも1600円


◇キャストとお客様の交流の場◇
『ミーツパンドラ』
5月20日(日)
19:30~21:00(最終公演終了後)
参加費:1000円
・トークやミニゲーム(景品付き)
・ドリンクや軽食付き


◆予約
↓公演&イベントのご予約はコチラ↓
https://mailform.mface.jp/frms/shiika777/5x23ra328api


◆キャスト
茅野奏
稲江鮭(Team F☆POT)
横溝大希
やわも
水崎龍磨(ブックスロープ)
来栖愛美
白兎コーヘー(A-cube)
小池ウラン
大内ふみや(ブックスロープ)


◆スタッフ
原作 Yunomi
作  しいか
演出 島崎敦毅
企画 Project-Pandora
制作 表現集団ATP
   kazu
舞台 七色工房
絵  YU-KA
   ぽん。
   汀
音響 トライ・サウンド
楽曲 聖明人(Telunascoape)
   他
協力 わくらばあずき
印刷 P-BOX


・・・・・・

-Project-Pandora-

伏線と心理が絡んだ舞台劇【パンドラの劇場】の世界観を元に、舞台・音声・朗読・イラスト・音楽・グッズなど、多ジャンルに渡る作品群を生み出していく企画。
この企画を開いた時、何が世界に飛び出し、そして残るかは、アナタしだい…

―実施済み、実施予定企画一部―
・年2回~公演企画
・主題歌、主題曲作成
・イラストレーターによる公演用画像
・WEBラジオ
・交流企画
・オリジナルグッズ作成
・特別サイト、ブログの運営
・オリジナルPV、アニメーション作成
・期間限定イベントカフェ
 など

企画サイト http://pandora.aikotoba.jp
企画ブログ http://pandora.7narabe.net
PR

PP14(5月公演) キャスト 追加募集

Project-Pandora第14期 リーディングシアター
《キャスト 追加募集》

 先行募集は終了しましたが、若干名追加募集することになりました。
 

・・・・


『黒く、切なく、美しく、大人の為の黒い童話集』をキーワードに、幻想世界での物語を繰り広げてきたProject-Pandoraの第14期公演。
舞台と朗読が融合した物語に、アナタの力を添えてみませんか?


 ―黄昏逝く世界のいずこか、主役になりたかった少年の半生を追うオムニバス


パンドラ童話集4 第2版
【主役になりたかった脇役】

 その孤児院にいた子の名は、ゼロス。
 史上最悪の魔女と呼ばれる女を母に持ち、
 優秀すぎる兄弟に囲まれて育った少年。

 物語に出てくる主役のような兄弟に憧れ、
 1を知れば10を知る兄弟たちと比べられ、
 そんなゼロスは『1を1としか理解できない普通の少年』だった。
 しかし…

 彼は孤児院を出て旅に出る。
 それは人生という名の旅だ。
 師匠や友人との出会い、別れ、恋愛、冒険-つまり物語。

 いくつもの物語を経た少年はいつしか青年になり、そして気が付く。

「そうか、全ては繋がってるんだ」

 積み重ねた1の向こうに、かつての少年は何を見出したのだろか?
 これは、主役になりたかった脇役がたどり着いた半生の物語。



†半生リスト(演目)†

【僕の師匠がバケモノ過ぎる件に関して】
 孤児院を後にした少年は、俗にいう冒険者となった。
 冒険者となった少年は、ある男の弟子になっていた。
 素手で岩を砕き、
 毒キノコを咀嚼し、
 炎の上で昼寝をし、
 町では警備兵が駆け寄り、
 ティータイムの後には読書を欠かさない。
 そんな師匠は、弟子である少年に様々なことを教えた。
 そして別れの日、師匠は弟子に最後の教えを授ける。

「さぁ、命の重さを知るといい」



【大図書館戦争】
 その日、青年になった少年がたどり着いたのは、ある図書館だった。
 名を、ミスカトニック大図書館。
 世界中から本を集めたその巨大な図書館に、今危機が迫っていた。
 世界最大宗教が、その影響力と信者をもって図書館に迫っていた。
 宗教にとっての悪書…図書館にとっての良書を抹消するために。

 たかが本のためにと、人がいう。
 図書館は答える。
 本はただの本にあらず。

 命よりも大事な物があるのかと、人は言う。
 図書館は答える。
 ない。故に我らは戦う。

 だから、彼はその手に武器を握った。
 命の重さを知っている彼は武器を取り、そして…図書館を埋め尽くさんばかりの敵と戦う。


【他】


・・・・・

〇日時
2018年
 5月18日(金) 13:30/19:00
 5月19日(土) 13:30/19:00
 5月20日(日) 12:00/17:00

 ・開場は開演の30分前

〇上演時間
 110分(予定)
 終演後交流時間あり

○場所
 エリア543
 東京都杉並区井草5-5-25 西ビルB1F
 上井草駅 徒歩2分

〇料金
 前売り …2600円
 予約・当日…2800円
 18才以下…1600円

〇スケジュール概要
2018年
 4月21日(土) 稽古開始
 5月 本番
 6月 清算会

○稽古
月・火・金→18時30分~21時過ぎ
土曜日→13時30分~21時過ぎ


・・・応募要項等

参加希望の方は、必要事項を明記の上、下記連絡先にお問合せください。


〇募集人数
 18歳以上の男女 3名

〇締切
 4月20日(金)

〇必要事項
・プロフィール(下記参照)
・参加理由
・芸歴(受賞歴、出演歴、学歴など)


氏名/フリガナ/性別/年齢//所属事務所・団体/
連絡先(電話、メール)/特記事項/全身及びバストアップなどの本人画像


〇参加条件
・チケットノルマ 15枚
・デポジット(預かり金)
 1万5千円 重大な約束反故などがない限り清算会にて返却
・ギャラ(チケットバック) ノルマ超過分1枚に付き1200円
・交通費等 自己負担



〇連絡先
メール
 projectpandora_info@yahoo.co.jp


・・・・・・

-Project-Pandora-

伏線と心理が絡んだ舞台劇【パンドラの劇場】の世界観を元に、舞台・音声・朗読・イラスト・音楽・グッズなど、多ジャンルにわたる作品群を生み出していく企画。この企画を開いた時、何が世界に飛び出し、そして残るかは、アナタしだい…

―実施済み、実施予定企画一部―
・年2回~公演企画
・主題歌、主題曲作成
・イラストレーターによる公演用画像
・WEBラジオ
・交流企画
・オリジナルグッズ作成
・特別サイト、ブログの運営
・オリジナルPV、アニメーション作成
・期間限定イベントカフェ
 など

企画サイト http://pandora.aikotoba.jp
企画ブログ http://pandora.7narabe.net

パンドラ童話集4 第2版 キャスト募集

Project-Pandora第14期 リーディングシアター
《キャスト募集》

『黒く、切なく、美しく、大人の為の黒い童話集』をキーワードに、幻想世界での物語を繰り広げてきたProject-Pandoraの第14期公演。
舞台と朗読が融合した物語に、アナタの力を添えてみませんか?

 ―黄昏逝く世界のいずこか、主役になりたかった少年の半生を追うオムニバス


パンドラ童話集4 第2版
【主役になりたかった脇役】

 その孤児院にいた子の名は、ゼロス。
 史上最悪の魔女と呼ばれる女を母に持ち、
 優秀すぎる兄弟に囲まれて育った少年。

 物語に出てくる主役のような兄弟に憧れ、
 1を知れば10を知る兄弟たちと比べられ、
 そんなゼロスは『1を1としか理解できない普通の少年』だった。
 しかし…

 彼は孤児院を出て旅に出る。
 それは人生という名の旅だ。
 師匠や友人との出会い、別れ、恋愛、冒険-つまり物語。

 いくつもの物語を経た少年はいつしか青年になり、そして気が付く。

「そうか、全ては繋がってるんだ」

 積み重ねた1の向こうに、かつての少年は何を見出したのだろか?
 これは、主役になりたかった脇役がたどり着いた半生の物語。


†半生リスト(演目)†

【僕の師匠がバケモノ過ぎる件に関して】
 孤児院を後にした少年は、俗にいう冒険者となった。
 冒険者となった少年は、ある男の弟子になっていた。
 素手で岩を砕き、
 毒キノコを咀嚼し、
 炎の上で昼寝をし、
 町では警備兵が駆け寄り、
 ティータイムの後には読書を欠かさない。
 そんな師匠は、弟子である少年に様々なことを教えた。
 そして別れの日、師匠は弟子に最後の教えを授ける。

「さぁ、命の重さを知るといい」


【大図書館戦争】
 その日、青年になった少年がたどり着いたのは、ある図書館だった。
 名を、ミスカトニック大図書館。
 世界中から本を集めたその巨大な図書館に、今危機が迫っていた。
 世界最大宗教が、その影響力と信者をもって図書館に迫っていた。
 宗教にとっての悪書…図書館にとっての良書を抹消するために。

 たかが本のためにと、人がいう。
 図書館は答える。
 本はただの本にあらず。

 命よりも大事な物があるのかと、人は言う。
 図書館は答える。
 ない。故に我らは戦う。

 だから、彼はその手に武器を握った。
 命の重さを知っている彼は武器を取り、そして…図書館を埋め尽くさんばかりの敵と戦う。


【他】


・・・・・

〇日時
2018年
 5月18日(金) 13:30/19:00
 5月19日(土) 13:30/19:00
 5月20日(日) 12:00/17:00
 ・開場は開演の30分前

〇上演時間
 110分(予定)
 終演後交流時間あり

〇場所
 エリア543
 東京都杉並区井草5-5-25 西ビルB1F
 上井草駅 徒歩2分

〇料金
 前売り …2600円
 予約・当日…2800円
 18才以下…1600円

〇スケジュール概要
2018年
 4月16日(月) 顔合わせ、台本配布、稽古開始
 5月 本番
 6月 清算会

〇稽古(顔合わせ以降の)
月・火・金→18時30分~21時過ぎ
土曜日→13時30分~21時過ぎ


・・・・・応募要項等

参加希望の方は、必要事項を明記の上、下記連絡先にお問合せください。
書類選考を通過後、面談(説明、質疑応答、セリフ等)を行い、面接後に正式な合否発表を通知致します。


〇応募費
 無料

〇場所
 都内会場(品川区内施設予定、詳細は返信時に連絡)

〇募集人数
 18歳以上の男女 12名
 ※上記には事前オーディションの合格者が数名含まれております

〇締切
 4月7日(土)

〇必要事項
・プロフィール(下記参照)
・参加理由
・芸歴(受賞歴、出演歴、学歴など)

氏名/フリガナ/性別/年齢//所属事務所・団体/
連絡先(電話、メール)/特記事項/全身及びバストアップなどの本人画像

〇参加条件
・チケットノルマ 15枚
・デポジット(預かり金)
 1万5千円 重大な約束反故などがない限り清算会にて返却
・ギャラ(チケットバック) ノルマ超過分1枚に付き1200円
・交通費等 自己負担

〇連絡先
メール
 projectpandora_info@yahoo.co.jp


・・・・・・

-Project-Pandora-

伏線と心理が絡んだ舞台劇【パンドラの劇場】の世界観を元に、舞台・音声・朗読・イラスト・音楽・グッズなど、多ジャンルにわたる作品群を生み出していく企画。この企画を開いた時、何が世界に飛び出し、そして残るかは、アナタしだい…

―実施済み、実施予定企画一部―
・年2回~公演企画
・主題歌、主題曲作成
・イラストレーターによる公演用画像
・WEBラジオ
・交流企画
・オリジナルグッズ作成
・特別サイト、ブログの運営
・オリジナルPV、アニメーション作成
・期間限定イベントカフェ
 など

企画サイト http://pandora.aikotoba.jp
企画ブログ http://pandora.7narabe.net

        
  • 1
  • 2
  • 3