忍者ブログ

Project-Pandora公式ブログ

Project-Pandoraの公式ブログ。引っ越してきました。

軌跡の小舟 #10>6

皆様、如何お過ごしですか?

ドールのプロンプトで御座います。


先日の管理者交代の件も落ち着き、今はkazu様が御使用なされていたお部屋の片付けをしております。

そしてそこで、不可解な書面を見つけました。

しかしインクかコーヒーか何らかの液体に濡れた形跡があり、所々が読み解けておりません。

kazu様が残された資料、御興味がおありでしたら御覧下さい。



$%$%$%$%$%



【Deus Ex Ark(デウス・エクス・アルカ)】説明書




Ⅰ<Deus Ex Arkって?> 


Deus Ex Ark(以下DEA)とは、架空のファンタジー世界『パンドラワールド』の世界観を—————。

2人のプレイヤーは—————勝利を目指します。


将棋やチェスのように升目に分かれたマップにキャラを配置し、移動させ、攻撃し、時にはギミックを使いキャラクターを補助し、装備で強化し、いざという時には伏線を明かすことで戦況を一変させ、—————

ように…

—————。


—————!


好きな—————し、

—————、

—————、

アナタの考えたプロット(デッキ)にページを与え、物語を動かし始めましょう!

アナタ次第の、物語を…




——DEAの世界観補足——

パンドラワールドのとある場所に—————と呼ばれる—————。

そこには善悪を問わず—————記録されており、—————に守られて—————。

—————と呼ばれる者達は—————。

—————ありえなかった—————生み出すために…




Ⅱ<カードの種類>


DEAには3種類のカードがあります。

・キャラクター(人物)カード

・ギミック(仕掛け)カード

・フォアシャドウ(伏線)カード




(以下、解析中)


%$%$%$%$%$






説明書ですか…。

これが一体何を表すのか、私には見当もつきません。

しかし勘の鋭いお客様なら、何かお気付きになられたのではないでしょうか。


解析が進み次第、また掲載致します。
PR

ヴォイニッチ 魔法と演劇

おおよそはじめまして、またはお久しぶりで。

 『はじまりはじまり』から『おしまい』まで、
 パンドラ童話集のあれやこれやに関する情報を収集している私、名前はヴォイニッチ。

 本日ご紹介するのは、『魔法と演劇』について。


―魔法芸術

 今回は演劇と魔法というテーマゆえに紹介する程度にとどめるが、芸術に魔法が用いられた例は枚挙に暇が無い。
 それは創り手達のあくなき探究心や想像力、もてなす心、驚かせる心、遊び心、そういったものの現れだろう。

 描いた絵を動かしたい、
 演奏した曲を何度でも聴けるようにしたい、
 創った人形と話がしたい、
 自動で本を執筆させたい、

 おおよそアナタが思うことは、誰かが実現させただろう。
 そしてそれは『演劇』という分野においても然りである。



―魔法と演劇の歴史

 歴史からいってもかなりの昔から…それこそ、神々の時代から、『演劇』には特殊効果として『魔法』が取り込まれていた。
 風の魔法で人物の髪や服をたなびかせたり、霧を生み出しスモークとしたり、声を拡大化する魔法で声量の補助をしたり、幻で背景を付けたり…
 おおよそアナタが『魔法でこんな効果ができるのでは?』と思ったことは、過去誰かが実現したことがあるといっても過言ではなかろう。
 時代によっては『シンプルなセリフ劇=ストレートプレイ』と『魔法効果を用いた劇=マジカルプレイ』と区分されたこともあるほどだ。

 特に、科学や工学の発達が遅れていた神魔期前までは、舞台効果といえば魔法を用いたものが主流だった。
 それこそ、創生の六神…リクドゥ達も魔法を用いた演劇(や様々な表現活動)を行っていた。
 リクドゥを見ていた神がそれをマネ、
 神を見ていた他の生き物がそれをマネ、
 他の生き物を見ていた人がそれをマネ、
 そうして演劇と魔法は共に親しまれ、育っていった。

 転機が訪れたのは、神魔期頃。
 この頃になるとそもそも魔法を使える人物は昔ほど多くなく、卓越したものともなればなお更だった。
 例えになるが、魔法を用いて2時間光を付け続けるというのは、2時間ランニングしろ、というのと同じようなものだと思えばわかるだろうか?
 しかもシーンによってはより駆け足になったり、逆に遅くしたり、山道を登るかのごとく明るくしたりすることもある。
 世の中広い故に、苦もなくできる者もいるだろう。
 訓練すればできるものも増えるだろう。
 だが、絶対数が足りないのだ。世界のあちこちにある劇場全てに、魔法効果を扱える術者がいるほどこの時代の魔法環境はよろしくなかったというわけだ。



―装置としての魔法へ

 魔法効果が難しいとなると、人々は効果を通常のモノに頼らざるをえなかった。
 つまり、明りならロウソクやランプ、ライトなど。
 魔法が伸び悩みによる需要から進歩が始まった科学や工業が、これら効果を支えることとなった。
 そして学者たちが錬金術の流れを汲む『錬式術』や『魔工学』を発展させることで、舞台には再び魔法が戻ってくることとなる。

 昔、風を起こすのは術者…つまり人だった。
 先の時代、風を起こすのは装置…つまり道具になった。

 必要なエネルギーがあれば、魔法ほど難しい技術や卓越したセンスがなくても効果を生み出せる道具が生まれたのだ。
 道具はけして安いものではなかったが、人に比べて『生産』し『配置』しておくことができる。
 術者1人いれば光も水も炎もなんでもできた時にくらべれば不便だが、装置の種類を揃えることで補うことは可能だ。

 世界規模でいうなら、兆しが見えたのは神魔期の終わりごろ。
 本格的に戻ったのは復興期…特に、森林学園都市の影響が大きかったといえる。
 いずれにしろ演劇には、再び魔法が組み込まれるようになった。



―終わりに

 ツールとの出会いは、文化を変える。
 ツールの力が強すぎて文化そのものが終わったり、変わったりすることもあるが、それもまた歴史…

 ただ、どんな歴史の中にだって言えることはある。
 アナタの世界からすればファンタジーな世界の人間達は、ファンタジーな世界にいてもなお、芸術に更なる夢を求め、願いを込めたのだ。
 それはきっと、アナタが舞台を求めるのと同じような理由で。

 では、本日はこのあたりで。
 それでは。





軌跡の小舟 #10>5

皆様、御機嫌如何でしょうか。
ドールのプロンプトで御座います。
前回の記事から色々とありましたが、無事に引継ぎが終わりました。

さて、この記事では従来通りProjectPandoraの運営やそれらにまつわるお話を載せていきます。


$%$%$%$%$%

【Project Pandoraの年末年始】

『公式サイトリニューアル』
レイディオ関連を中心に、情報の強化を図ります。
設定や人物のイラスト募集も行う予定。

『名刺』
企画全体の名刺や資料を作成中。
新たな協力者の方や外部向けに使用予定。

『レイディオ』
特番を3本予定しております。
ここで初出しになる情報や特別企画など盛り沢山の内容になる見込みです。

%$%$%$%$%$


12月23日に公演&イベントを控えておりますが、それ以外にも上記の様な活動をしております。
公演だけでなく、色々な角度から当企画を楽しんで頂けたら幸いです。

軌跡の小舟 #10>4

皆様、御機嫌如何でしょうか?
ドールのプロンプトで御座います。

前回の公演も終わり、当ブログに派遣された私(わたくし)の役目も一区切り。
此処の取り纏め役であるkazu様へ、御挨拶へ伺うとしましょう。


───コンコン

「kazu様、失礼致します。プロンプトで御座います。」


反応がありませんね。
御出掛けしているのでしょうか。

ふと目を落とすと、ドアと床の隙間に折り畳まれた紙が挟んでありました。

『プロンプトへ』

どうやら、表紙を見るに私宛ての手紙のようです。

ふむふむ。


『 いつも仕事をありがとう。
はじめにシェルフやログが僕のところに手伝いに来てくれて、気付けば君やヴォイニッチが仕事をするようになり…段々とここも賑やかになってきたね。

僕に任された仕事も少しずつ君らにまかせられるようになってきた。
今なら君に、君達にここの仕事を任せられる。

だから僕はちょっと契約を果たしに行ってくる。

シェルフを借り受けた際の対価を。

 時間はかかるけどたまには顔を見せに来るつもりだから安心してほしい。

それと、シェルフの事だけど…君に従う様にと伝えてある。

一番新入りだけど、君になら任せられると思うんだ。だからシェルフを…皆を任せた。
 
 困ったことがあればシェルフに伝えて。
すぐに駆けつけるから。

まあ、しっかり者の君なら大丈夫かな?

そろそろ僕は行くよ。
ここを宜しく。


追伸:この部屋は好きに使ってくれて構わないよ。
新しくドールを呼んだって構わないからね。 』


突然の事に、少々戸惑っております。
どうやら私の預かり知らぬところで、我が主とkazu様との間で話が纏まっていたのでしょう…。

これから他のドール達へ別れの挨拶へ行く予定でしたが、変更せざるを得ない様です。

皆様、今後とも宜しくお願い致します。
それでは、また。

2016年12月 リーディングシアター&イベント

Project-Pandora特別企画 リーディングシアター&イベント


 クリスマスにアナタにお送りする、黒く切なく美しい物語と、食べて飲んで話して遊ぶパーティーイベント


―リーディングシアター【大人の為の黒い童話集】―


†演目†

【物語の国のお姫様】
むかしあるところに『おはなしのくに』があり、そこには『おはなしのくにのお姫様』がおりました。
おはなしが大好きなお姫様は毎日いろんな物語を読んでいましたが、ある日言いました。
「わたしもお話しを作るほうになりたいわ!」
女王様に手伝ってもらい、お話作りのお勉強がはじまりました。

男と ― 女
魔王と ― 勇者
老人と― 青年

はたしてお姫様はどんなお話しを作るのでしょうか?
おはなしづくりのおはなしは、どんな結末へ向かうのでしょうか?
そのおはなしは、どうぞ会場にてお確かめ下さい…お客さま。



【サイレントナイト】
ある町に、真っ赤な女の子がやってきました。
女の子は、自分の先生が書き残した本を探して旅をしておりました。
町には、白い男がおりました。
男は、女の子と同じ先生の下で学んでいた兄弟子でした。
女の子は、兄弟子が持つ先生の本を譲って欲しいと願い出ました。

兄弟子はいいました、「1つにつき1人殺してくれたら、君に譲ろう」
女の子はいいました、「はい、わかりました」

これは、とあるセイヤの物語。
白い世界に赤の飛び散る町の物語。



〇日時
2016年12月23日(金・祝)

 1回目 14:30

 2回目 18:00



・開場は開演の30分前

・上演時間70分(予定)

・終演後交流時間あり


〇場所
 レンタルスペース+カフェ 兎亭
 東京都練馬区旭丘1-46-12エイケツビルB1


〇料金
 前売り  …2000円
 予約・当日…2300円
 18才以下 …1000円

・パンドラポイントカード対象の公演です
・ポイントがたまると景品をプレゼント&割引券になります


【割引】
・ペア割引
 2人同時のお申し込み&ご来場で、お一人様200円づつ割引いたします

・リピーター割引
 今公演を2回目ご覧の場合、1000円でご覧頂けます




―パーティーイベント【スペシャルミーツ】―


 食べて飲んで話して遊んぶおたのしみイベント。


・TRPG風ゲーム『不可侵領域の探索社』
 チームを組んで魔道人形に指示をだし、ダンジョンから宝を持ち帰れ
・お客様、キャスト、スタッフとのトーク
・軽食、おかし、フリードリンク付き


〇日時
2016年12月23日(金・祝)

受付 19:30
開始 19:45
終了 22:00(予定)

・途中入退場OK


〇場所
 レンタルスペース+カフェ 兎亭
 東京都練馬区旭丘1-46-12エイケツビルB1

〇料金
 前売り・予約・当日いずれも  …1200円

・パンドラポイントカード対象のイベントです
・ポイントがたまると景品をプレゼント&割引券になります


【割引】
・ペア割引
 2人同時のお申し込み&ご来場で、お一人様200円づつ割引いたします

・観劇キャッシュバック
 当日上演するリーディングシアター【大人の為の黒い童話集】をご覧のお客様、200円キャッシュバック



◆予約
↓公演&イベントのご予約はコチラ↓
https://mailform.mface.jp/frms/shiika777/5x23ra328api



◆キャスト
茅野奏
稲江鮭(Team F☆POT)
TOMO
升野紗綾香
ともよ(レジェンドステージ)
やわも
青葉彩花
原田達也
水崎龍磨(総合学園ヒューマンアカデミー新宿校)
蝶乃円香(総合学園ヒューマンアカデミー新宿校)
恵永明輝(総合学園ヒューマンアカデミー新宿校)
光兵衛(A-cube)
ギン
黒石愛美(國學院大學演劇研究会)
島袋光(プロダクション☆A組)
矢口航大(総合学園ヒューマンアカデミー新宿校)



◆スタッフ
原作 Yunomi 
作  しいか
演出 島崎敦毅
企画 Project-Pandora
制作 表現集団ATP
   kazu
   横溝大希
舞台 七色工房
絵  YU-KA
   ぽん。
音響 トライ・サウンド
楽曲 聖明人(Telunascoape)
   他
協力 わくらばあずき
   武藤真大
印刷 P-BOX



・・・・・・

-Project-Pandora-

伏線と心理が絡んだ舞台劇【パンドラの劇場】の世界観を元に、舞台・音声・朗読・イラスト・音楽・グッズなど、多ジャンルに渡る作品群を生み出していく企画。
この企画を開いた時、何が世界に飛び出し、そして残るかは、アナタしだい…

―実施済み&予定企画一部―
・年2回~公演企画
・主題歌、主題曲作成
・イラストレーターによる公演用画像
・WEBラジオ
・交流企画
・オリジナルグッズ作成
・特別サイト、ブログの運営
・オリジナルPV、アニメーション作成
・期間限定イベントカフェ
・ゲームアプリ開発
 など


◆連絡・問い合わせ
電話・FAX
 03-6426-8085

郵送
 〒142-0053 東京都品川区中延4-21-11パールハイツ105 パンドラ企画

メール
 projectpandora_info@yahoo.co.jp

サイト
 http://pandora.aikotoba.jp

ブログ
 http://pandora.7narabe.net

ツイッター
 @Atp_Pandora

Facebook
 https://www.facebook.com/p.pandora666