忍者ブログ

Project-Pandora公式ブログ

Project-Pandoraの公式ブログ。引っ越してきました。

DEA開発室より≪物語の国のお姫様≫

『私のいうことがきけないっていうの!?』
お話の国のお姫様のいうことは絶対。だってお話しの国のお姫様の言葉ですから



パンドラ童話集の中で一番多く上演されている物語、物語の国のお姫様
それをカードで表現したのがコチラ。




※画像は開発中のものになります



フィールド効果は永続的に能力を発揮しますが、各プレイヤー1枚ずつとなっております。
同じプレイヤーが2枚目のフィールド効果を発動した場合は上書きされ、1枚目の効果は消えます。
デッキに入れる際は、ご注意下さい。

このカードは攻撃時に1ページ得るので、攻撃用の1ページが残っていれば実質ノーコストと考えられます。
あくまでも攻撃時なので、移動だけでは誘発されません。
しかし攻撃が発生したら1ページ得られるので、それをその戦闘中に使うことも出来ます。
ダメージ計算前に強化したり、相手の行動を妨害したりと…。
相手からしたらページ計算が複雑になり、展開が読み辛くなります。

攻撃する度にページを稼いでいる事になるので、より多く発動したいところです。
手数で攻めるデッキや、先制などの固定ダメージ持ちと相性が良く、状況によっては他のページ獲得系カードよりも高効率になる可能性が‼
敵陣でのみ発動しますので、このカードを使う際はより攻撃的なデッキを目指しましょう。



このカードをどうするかは、『シナリオライター』であるアナタ次第―――
さぁ、『プロット(デッキ)』を創りましょう!!



DEA公式サイトはコチラ
https://d-e-a.theblog.me/
PR

Pando-Radio-R 放送後記 6月20日

ともよ様よりレイディオの記事を頂きました。



お待たせしました!
れいでぃおblog♪

今回の担当は…

ともよです!
よろしくお願いします(^-^)


という事で。
早速、ふりかえってまいりましょー!

まずは、今回のワンポイントコード『父』を取り入れたファッションの、出演者をご紹介。


会社員ぽくジャケットをはおった…

TOMOさん


お父様の服を拝借してきた…

kazuさん


ひげそりな…

わくらばあずきさん


日曜のお父さん(草野球)風…

ともよ


こちらの4人でお送りした今回は、A放送週。

最初のコーナーは、熾烈な戦いが繰り広げられる、パンドラバトルコロシアム!


今回のお題は、『名付け親』
ご想像の通り、こどもにどんな名前をつけるかという、珍しくシンプルなお題でした。

それぞれの回答は…
TOMO「青夜(せいや)」
ともよ「大空(たく)」
kazu「向日葵(ひまわり)」

理由は割愛させていただいて、結果、一番シンプルなkazuさんの勝利でした。
理由気になる方は、タイムシフト見てね。


続いて、題名のないお話会のコーナー。
今回は設定回。


まずは、PBC勝者kazuさんからのお題。
“元素記号”
そして、皆様からいただいたお題の中から、TOMOともよが一つずつ…

と、時間がなくなったので、2枠目へ持ち越し~(^_^;


そして、二人が選んだのが…
TOMO“前世の記憶”
ともよ“せいたいむ”

この3つで、どんなお話ができるのか!?
せいたいむという元素記号にはならないでしょ~という作家陣へのプレッシャーも残しつつ…
次回をお楽しみに!!


そしてそして!
忘れてはいけない、皆様大好き☆ミキサーの錬金術師ネオのコーナー!!

今回の材料はこちら↓


うん…
キムチ…
ダメでしょ…


ミキサー先生によって、出来上がったドリンクが…


どうですか?
飲みたいですか?


匂いは、魚肉ソーセージっぽい感じでした。
味は…





初めて飲み込むのに苦労しました。


他のみんなはわりと飲めてたようなので、人によってはいけるのかも…。

そんなこちらのドリンク
【不協和味】
という名前になりました☆


興味ある方は試してみてね。


そして最後にお知らせのコーナー。

パンドラ次回公演をメインにもろもろと…

次回公演は8月19日20日!
待望の新シリーズだよ。


次次回公演は10月!
キャスト募集してるよ。

れいでぃお次回は、6月27日!
月1ツイキャス、DORAキャスも見てね!
パンドラカードゲーム、DEAの集会もあるよ!


ともよは7月13日~17日に舞台出るよ。

時間あったら観に来てね!


といった感じでお別れ!
次回もお楽しみに~☆

軌跡の小舟 #12>2

皆様、如何お過ごしですか?
私(わたくし)ドールのプロンプトと申します。

今回も全体の進捗情報をお届け致します。



$%$%$%$%$%

【近況報告と予定】

〇幻想推古 ~花鳥風月夜話~
チラシ作成
主題歌作成決定
新規グッズ作成予定
ポイントカードの幻想推古ver.を作成予定

〇パンドラ童話集3 第2版
キャスト募集中

〇Deus Ex Ark
クリミナルフォークロアの新カードを作成中。
6月集会開催予定
ブログのカード紹介をユーザーから募集予定

%$%$%$%$%$



パンドラを知らない、方でも楽しめるを軸に始動した幻想推古。
それに合わせて、ドール達の活動を再開させました。
ブログ記事の掲載を、どうぞお楽しみに。

DEA開発室より≪7人の勇者伝説≫

「オレのことはいい。いけ!いくんだ!」
その身を犠牲にし、仲間は進む。進んだ先に待ち受けるものが希望か絶望かもわからずに



パンドラ童話集6の要となる(予定の)物語、7人の勇者伝説
それをカードで表現したのがコチラ。



 
※画像は開発中のものになります



消費ページ2は決して安くはありませんが、状況に応じて使い分けられるのが強みです。
自キャラでも相手キャラでも対象にとれますので、皆様のあらゆる「あと1マス」にお応え致します。
ただし移動先は上下左右の4ヶ所となっており、斜めは不可なのでご注意を。

具体的には、使ってからの移動で奇襲攻撃を狙ったり、再奥にいるキャラをどかしてエンディングポイントを目指したり、相手の攻撃宣言に対応して避けたり、斜め移動しか出来ないキャラをずらしたりと…。

フィールド操作は、緑色の得意とする効果で、これ以外にも様々なカードが用意されております。
使い分けや同時使用で、さらに盤面を操作できることでしょう。



このカードをどうするかは、『シナリオライター』であるアナタ次第―――
さぁ、『プロット(デッキ)』を創りましょう!!



DEA公式サイトはコチラ
https://d-e-a.theblog.me/

Pando-Radio-R 放送後記 6月13日

茅野奏様よりレイディオの記事を頂きました。


「お早う御座います今日は今晩は
Pando-Radio-R 6/13 blog担当、茅野奏ですっ。

あっ、前回出演時にクリミナルフォークロアの思い出話を
ウッカリし忘れてたので、ここでさっくりお話したいと思います。
【『つみびとこぞりて』の直前に毎回TOMOさんにハグされてました】

……よし。


今回はB放送回でしたね。

ええと、今回のコードは『ラジオ』
初期レイディオ(youtube版)時代風な格好のTOMOさん
マイクわくらばさん
ヘッドホン装備の青葉ちゃん&セレナ
でお送り致しました。


コーナーは
・【題名の無いお話会/発表回】

→カラクリ、鳥篭、怒涛のハンターチャンス、の3題にて
   翼も腕も足も動かず、彷徨う魂を狩る機械仕掛けの神様、のお話し。
   なかなかホラーでしたね。青葉ちゃんの一言が射し込んでくるのが良い塩梅。
   タイトルは皆様からお伺いしました結果『喪〜夜にささやく〜』となりました。

   毎度のことながら、仕様でご迷惑お掛け致しましたが、
   皆様ご視聴有り難う御座いました!


・【パンドラ・バトル・コロシアム】
→トーク案は『DJ』で、

    メインパーソナリティーになるならどんな番組にする? というもの。
    えー、こちらはみんなパンドラ縛りという結果で、
    セレナ「パンドレイディオU(出演者による裏話)」
    青葉「パンドレイディオI(衣装を語る)」
    TOMO「パンドレイディオS(好き勝手する)」
    でした。

    勝者はTOMOさん! おめでたや。


→【フリートーク】
   えー、2枠目。フリートークから。

   8/19&8/20『幻想推古〜花鳥風月夜話〜』のお話でしたね。
   早くも予約受付開始です。パンドラの新シリーズ、お楽しみにです。
   こちらの公演では、ともよ&セレナはWキャストとなっております。ご注意を。
   演者の違いもまた、楽しんで頂けましたら幸いであります。


→【パンドラ開発室】
   今回は『過去パンドラ』について。

   公演、イベント公演、ラジオ、キャス、CD、などなど…
   様々な物語をお披露目して参りましたが、再演をもしするなら
   どのオハナシ(演目)をどんな形で致しましょうか? といった感じの議題。
   アヴァンの大冒険、アルカイックレコーズ、インザストーム…他にもたくさんの物語を
   小説化や舞台再演、キャストシャッフルなどの形で、とのご要望をいただきました。
   中でも白熱したのは【DVD(映像)化】…こちらは鋭意企画中となります!

   皆様どうも有り難う御座いました!


さてさて、今回はこんなところで。
Pando-Radio-R 次回もお楽しみに、です。
さよならだけが人生だ!
じゃあの。


茅野奏でした。」