忍者ブログ

Project-Pandora公式ブログ

Project-Pandoraの公式ブログ。引っ越してきました。

DEA開発室より≪ゼロス≫

「ボクは、自分の信じた物語を信じるよ」
最初は教団に、その後は魔女達にすら死神と恐れられた青年



数々の物語を経て成長した最盛期のゼロス
その姿をカードで表現したのがコチラ。



 
※画像は開発中のものになります



費用・攻撃力・防御力・生存点・移動方向、全てが4という美しさ。
そして単純な戦闘力は、現状最高値。
最盛期のゼロスだから、当たり前なのかもしれませんが…。

能力:死神は、移動先を全方向に強化するもの。
装備中という発動条件こそありますが、基本ステータスの高さもあり優先的に装備させたくなるのであまり問題にならないかと。

名前の割に 一見地味な能力に感じるかもしれませんが、全方向の安定感は盤面を覆す可能性があります。
それも含めて、ゼロスっぽい。

完全に戦闘特化のキャラなので、攻撃しないデッキや防御寄りのデッキでは他のカードに軍配が上がりそう。
しかし費用が4ということもあり、アタッカーを求むデッキには柔軟に入れられそうです。



このカードをどうするかは、『シナリオライター』であるアナタ次第―――
さぁ、『プロット(デッキ)』を創りましょう!!
PR

DEA開発室より≪オークショニア≫

「今宵、ステキなお買い物を皆様に」
地下競売組織で進行を務める、その筋では有名な名司会者



様々な物や人や金が行き交うルナティックオークションの司会者。
その姿をカードで表現したのがコチラ。




※画像は開発中のものになります



このカードは、お客様の声から生まれました。
公演後の交流イベントの景品として、「誰をカード化してほしい?」と尋ねたところ『オークショニア』の名前があがりました。

能力:吊り上げは、ライフをページに変換できます。
他の同系の能力に比べて、ライフの消費が少ないのが強み。
その代わりに、手札がある時にしか使えません。

1ターンに1回の使用制限はありますが、相手ターンでもちゃんと使用できます。
つまり相手のターン終了時と自ターンで使えば、一気に2ページ増やせるのです。
相手の予想外のタイミングで使用すれば、奇襲や撹乱にもなり得ます。

ほとんどの行動にページが必要なDEA。
単にページが多いだけでも、相手へプレッシャーをかけることが出来ます。

気を付ける点としては、山札が12枚なところ。
山札0→手札0→能力使えない…。
ご利用は計画的に。



このカードをどうするかは、『シナリオライター』であるアナタ次第―――
さぁ、『プロット(デッキ)』を創りましょう!!

DEA公式サイトオープン!!

皆様こんにちは、DEA開発室です。

この度、Project-Pandoraオリジナルトレーディングカードゲーム『Deus Ex Ark(デウス・エクス・アルカ)』の公式サイトが公開されました。

https://d-e-a.theblog.me/


カードやルールの説明はもちろん、現α版の全カードが無料ダウンロード出来ます。
※カードは今後、修正が入る可能性があります。ご了承下さい。


パンドラにまつわる様々なキャラクター・事象・アイテムなどが、カード化されています。
中には、まだ未発表のものも!?
実際に、眺めて・触って・組んで・遊んで頂ければ幸いです。


カード紹介の記事は引き続き行いますので、そちらも併せてお楽しみ下さい。

DEA開発室より≪コッペリア≫

「します、させます、させません」
魔女と共に行動した聖天使。
手にした刃を抜くとき、辺りは血の海に染まる



師と慕っていた人物が亡くなった後、魔女の仲間として幾多の命を屠った大天使コッペリア
その姿をカードで表現したのがコチラ。



 
※画像は開発中のものになります



能力:暗躍は、ページを支払うことで更に移動出来ます。
他の同系の能力に、跳躍(十字マス)や疾風(自身の移動範囲)があります。
暗躍は全方位なので範囲は優秀だが、その分必要なページが2と重め。
これらに共通して注意すべきは、攻撃回数は増えない点です。

攻撃の前後のどちらで使用するかで、運用が少し異なります。
攻撃前なら、間合いを積めたりノックバック方向を操作したり出来たり―。
攻撃後なら、安全な場所に逃げたり相手の移動を封じたり出来ます。

素の攻撃力が高いのでアタッカーとして充分に活躍出来る上に、暗躍を駆使することで様々な場面にも対応可能です。
例え『耐久力が高くてダメージで勝てそうにない』相手でも、『敵陣最奥を目指しエンディングポイントを得る』と切り替えられたりします。

ちなみに装備や能力などで疾風を得た場合、1ターンに3マスまで移動出来てしまう?!



このカードをどうするかは、『シナリオライター』であるアナタ次第―――
さぁ、『プロット(デッキ)』を創りましょう!!

DEA開発室より≪アルシス≫

「何か手伝えることはあるかい?」
魔女と共に行動した双子の悪魔の弟。
優れた錬金術師として知られる



姉とは異なった能力で、共に魔女を支えたアルシス
その姿をカードで表現したのがコチラ。




※画像は開発中のものになります



弟のアルシスは、姉と対になる能力を持ちます。
対象の列が、横ではなく縦。
そして同じ支援でも、こちらは攻撃寄り。
攻めのデッキでこそ、真価を発揮します。

範囲が縦なので、安全な後方から支援が可能。
上昇値は+1ですが、ノーコストで突破出来る相手が増えるのは強力です。

この系統の能力で注意すべきは、補助が適応されるタイミング。
相手への攻撃は、基本移動の後。
つまり、移動先を見据えて配置を工夫する必要があります。

例外は遠距離の特性を持ったキャラ。
それらは攻撃時に移動しないので、今居る位置に支援がないといけません。



このカードをどうするかは、『シナリオライター』であるアナタ次第―――
さぁ、『プロット(デッキ)』を創りましょう!!

        
  • 1
  • 2