忍者ブログ

Project-Pandora公式ブログ

Project-Pandoraの公式ブログ。引っ越してきました。

DEA開発室より スターターデッキ

昨今のカードゲームには、必ずと言って良いほどスターターデッキというものが存在致します。

なぜなのか?

それはほとんどのプレイヤーが、
『遊びながらルールを理解』→『自分でデッキを作る』
の順番で始めるからだそうです。
いきなりデッキを作るのは、やはり難易度が高いですから…。

と言うことで、DEAのスターターデッキを開発側で作ってみました。
リスト通りにカードを並べるだけでデッキが作れますので、ぜひ試してみて下さい。
『とりあえず遊んでみたい』
『各色の特性を知りたい』
『自分で作るのが大変そう』
『考える時間がない』
そんな方々にお薦めです。



~DEAスターターデッキのコンセプト~

・単色にし、その色の役割(出来ることや得意なこと)が分かるようにする。
その色の役割にそぐわないカードは、間違った先入観を避けるために極力取り除く。

・説明が複雑なカードは避ける。
ルールを覚えて頂くのを優先にして、カード個別の説明をなるべく減らす。

・レアリティ比率が、R4枚・U6枚・C10枚になっている。
キャラクターカードは、必ず1枚だけRを入れる。
 
・強すぎず、改良の余地がある。
遊んだプレイヤーが、これを元にカスタマイズ出来る様にする。


 今回はコンセプト紹介ということで、ここまで。
次から、4回に渡って各色のデッキをご紹介致します。

ちなみにこれらのデッキは、集会に遊びに来た方に貸し出しをしております。
遊んでみたいけどカードが用意できないという方も、安心してご参加頂けます。



次回の集会は9/17(日)13:30~です。
参加希望者は、パンドラ運営か関係者までご連絡下さい。



DEA公式サイトはコチラ
https://d-e-a.theblog.me/
PR

DEA開発室より≪ドク≫

「さぁ、犯罪伝承を始めよう!」
犯罪学者でありながら自身も犯罪者であった強化人間。



リードに協力し、数々の犯罪者を追ったドク
その姿をカードで表現したのがコチラ。



 
※画像は開発中のものになります



犯罪伝承クリミナルフォークロアから、2枚目の新カードご紹介です。



≪新能力、反撃について≫
相手キャラクターから攻撃された時、このカードも攻撃を行う(この能力によるダメージではノックバックを与えない)



赤の新しいアタッカー候補。
相手も攻撃的なデッキだった場合、その強さがより実感出来ます。

アタッカーの多くは、防御力が控えめです。
その為、装備させるにも攻撃力を高めるか防御力を高めるかで悩みがち。
被弾覚悟で攻めるか、安定性を求めるか…。

しかしこの能力では、攻撃力を高めることは同時に防御効果の上昇にもつながります。
相手からしたら、反撃によるダメージが怖くて攻撃を仕掛けにくくなるからです。

前回紹介したリードと組めば、反撃時は攻+も防+もどちらも乗ります。
物語的にもマッチしたコンビというわけです。



このカードをどうするかは、『シナリオライター』であるアナタ次第―――
さぁ、『プロット(デッキ)』を創りましょう!!



DEA公式サイトはコチラ
https://d-e-a.theblog.me/

DEA開発室より≪リード≫

「私は奴らを許さない…」
ドクの協力の下、悪魔と呼ばれた大犯罪者とその仲間達を追い詰めた騎士



犯罪者たちを捕まえるために、ドクと言う名の犯罪者と協力したリード
その姿をカードで表現したのがコチラ。




※画像は開発中のものになります



犯罪伝承クリミナルフォークロアから、新カードのご紹介です。
公演終了後から作成を開始し、調整を重ねた結果、この様になりました。



コスト2における平均的なステータスですが、とても便利な全方向持ち。
自分で戦うよりも、戦闘支援が得意なキャラ。

能力:指揮官は効果範囲は隣接キャラのみと狭いですが、攻防共に強化されるのが魅力。
ただし、攻+の恩恵に授かるのは少し工夫が必要。
攻撃時は、移動先がリードに隣接する様にしなければなりません。
もちろん攻撃時に移動しない遠距離持なら、その心配は不要ですが。

低コストで入れやすい為、攻撃的なデッキのお供にどうぞ。



≪カードデザインの話≫
実はこのカードのステータスは、囚人番号601~604それぞれの最大値になっています。
そして能力は、ドクとの相性が抜群に良いです。
時代背景的に、指揮官レベルでもこの程度の戦闘力という…。
物語の背景や設定を知っている方は、より楽しめるかと思います。



このカードをどうするかは、『シナリオライター』であるアナタ次第―――
さぁ、『プロット(デッキ)』を創りましょう!!



DEA公式サイトはコチラ
https://d-e-a.theblog.me/

DEA 9月の集会のお知らせ

パンドラのオリジナルカードゲーム、≪Deus Ex Ark≫。
月に1度ほど、集会と称して遊んでおります。

・どんなゲームか知りたい
・自分のデッキを試したい
・開発陣とお話ししたい

理由は何でも構いません。
キャスト陣や関係者の方も遊びに来ることもあります。
カードがない方にはお貸ししておりますので、是非ご参加下さい。


9月の集会は、17日(日)13:30~を予定しております。
会場場所などの詳細は、ご連絡を下さった方のみのにお知らせしております。
お手数をお掛け致しますが、ご興味をお持ちの方はこの機会にどうぞ。

DEA開発室より≪ハイドレントアンティークショップ≫

「いらっしゃい、夢見人。何かお探しのモノがおありのようですね」
そこにいけば望む道具がある。そしてキミは夢を叶える。対価があれば…だが



今回のリクエストは、前回紹介したのプラノのお店、ハイドレントアンティークショップ
それをカードで表現したのがコチラ。



 
※画像は開発中のものになります



手札にある装備カードを、1度だけノーページで装備出来ます。
消費ページが高いほどお得なのは言うまでもありません。
現在ある装備カードの最大消費ページは4。
条件があるとはいえ、一瞬にして4ページを生成しているとも考えられます。

更にこのカードの凄いところは、装備できるタイミングです。
本来装備カードは、自分のターンにしか使用出来ません。
しかしこの能力なら、相手のターン中にも装備ができることになるのです‼

プラノ(山札から装備カードを手札に加える)からハイドレントアンティークショップ使用という流れは、かなり綺麗かと。



このカードをどうするかは、『シナリオライター』であるアナタ次第―――
さぁ、『プロット(デッキ)』を創りましょう!!



DEA公式サイトはコチラ
https://d-e-a.theblog.me/