忍者ブログ

Project-Pandora公式ブログ

Project-Pandoraの公式ブログ。引っ越してきました。

DEA開発室より≪オフィリス≫

「何か手伝うことでもあるの?」
魔女と共にた行動し双子の悪魔の姉。
動物の声を聴くことが出きる



その能力で、様々なサポートを行ってきたオフィリス
その献身さをカードで表現したのがコチラ。




※画像は開発中のものになります



支援を得意とする黄色に属するだけあって、能力は自分以外を補助するものとなっています。

デッキ全体を防御寄りにした時に、その効果が最大限に活かされます。
横一列に並んだら、他の4キャラの防御が+1。
相手は、かなり突破しづらくなります。
同じ効果を持ったキャラと組み合わせるのも強力です。

オフィリス自身の戦闘力が低いので、狙われた時の対処を考えておくと吉。
相手キャラからのダメージでノックバックすると、列がずれて支援が届かなくなってしまうからです。



このカードをどうするかは、『シナリオライター』であるアナタ次第―――
さぁ、『プロット(デッキ)』を創りましょう!!
PR

DEA開発室より≪ミーム≫

「思い知りなさい。知は力…と」
数々の不運を乗り越えた教団の支配者にして、魔女に抗える唯一の敵対者であった才女



ウィアド教の教祖ミーム
数多の信者を従える彼女をカードで表現したのがコチラ。



※画像は開発中のものになります



キャラクターの基礎ステータスは、魔女パンドラとほぼ互角。
緑色のキャラクターの中では、トップクラスの性能です。

能力:布教は、本来5体までのキャラクターを疑似的に1体増やすもの。
トークンとは代用という意味で、ダイスやマーカーなどを用いて分かるようにします。

出したばかりの信者トークンは心もとないですが、強化を重ねることで盤面へ大きな影響を与えるようになります。
強化には時間がかかるので、遅めのデッキと相性が良いでしょう。
ミーム自身とトークンのダブルアタックも夢ではありません。

トークンを利用するカードなどもありますので、それらとのコンボを狙うのも一興です。


このカードをどうするかは、『シナリオライター』であるアナタ次第―――
さぁ、『プロット(デッキ)』を創りましょう!!


DEA開発室より≪パンドラ≫

「愛されるのは、だいきらいなの」
世界から本と文字、そしていくつもの命を消し去った、史上最悪の魔女と呼ばれる女



呪文や道具の使用に長けた魔女パンドラ
その全盛期の姿をカードで表現したのがコチラ。




※画像は開発中のものになります



キャラクターの費用は、最大値である5。
しかし全方向に移動が出来る上、その中でも最高クラスの戦闘力を誇ります。

そして注目すべきは、その能力。
能力:高速詠唱を使うことでギミックカードのコストが減り、戦略の幅が広がります。
しかし能力の発動には、プレイヤーの命ともいえる生存点を捧げなくてはなりません。
生存点を回復するカードで補っても良いですし、犠牲を覚悟で攻めても良し。
手札の使用率が上がる為、それを補充する手段があると更に効果的です。

高い制圧力と、早い展開力。
妨害が得意な青とは思えない、かなり攻撃的なカードではないでしょうか。



このカードをどうするかは、『シナリオライター』であるアナタ次第―――
さぁ、『プロット(デッキ)』を創りましょう!!


DEA開発室より ご挨拶

皆様、初めまして。
Project-Pandoraの、オリジナルトレーディングカードゲーム作成チームの者です。
記事の連載がスタートする前に、少しばかりお話を。


おそらく殆どの方が、「何故、パンドラでカードゲーム?」と首を傾げている事でしょう。
そうですねー。
色々と理由があった気もしますが、何よりも「作りたかったから!」ではないでしょうか。
舞台・音楽・イラスト・動画などなど。
様々なことに挑戦しているパンドラだからこそ、「カードゲームでもパンドラを表現しよう」としているのです。


そんな思いから生まれたカードゲームの名は『Deus Ex Ark(デウス・エクス・アルカ)』と言い、我々はDEAと略しています。

このゲームのコンセプトは、「対戦相手と競いながら物語を紡いでいく」です。
プレイヤーは『シナリオライター』となって、合計20のカードを選び『プロット』と呼ばれるデッキを創ります。
カードの種類も『キャラクター』『伏線』『イベント』など、お話を語る上では必要なものとなっております。

より詳しいことは、3月中旬に公開予定のDEA公式サイトに託すとしましょう。
ルールやカードの説明もそちらで行いますので、今しばらくお待ち下さい。


ブログでは、今現在170枚ちょっとあるカードの中から、毎週1枚を選んで紹介していきます。
このキャラが、あの台本が、カードになったらどんな効果をもたらすのか!?
そちらもどうぞお楽しみ下さい。